女性の薄毛外来TOP > 脱毛症(=抜け毛)の原因 >  びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

女性に多い抜け毛の原因をいくつか紹介します。あなたの抜け毛の原因は何でしょうか? 女性の抜け毛の原因のひとつ「びまん性脱毛症」について詳しく解説します。

びまん性脱毛症について

女性の薄毛の原因となる脱毛症のなかで最も多いのがこの「びまん性脱毛症」です。

「びまん(瀰漫)」(意味:一面に広がる)という言葉からもわかるように、髪がやせて全体が薄くなるのが特徴で、 生え際が後退するなど局部的に髪が抜けたり、薄くなる男性に多い【男性型脱毛症AGA】と明確な違いがあります。

うえからみると地肌が透けてしまっているとか、生え際や分け目が目立ってきた、 頭頂部のボリュームがなくなってきたという症状があれば、ほぼびまん性脱毛症といえると思います。

年齢としては40代以降の女性によく見られますが、この薄毛の原因として、老化、ストレス、ダイエット、間違ったヘアケアなどがあり、 必ずしも中年以降の脱毛症とも言い切れないところがあります。

事実、20歳以上の女性の約40%が程度の差はあれど、生涯に一度は発症するといわれているので若いからといって安心できるものではありません。 生活習慣も影響する女性にとっては身近な抜け毛・薄毛の原因になります。

びまん性脱毛症=女性型脱毛症

一般的に、全体的に頭髪が薄くなることをまとめて、「びまん性脱毛」と呼んでいますが、 女性の場合はそのなかに、女性男性型脱毛症(FAGA)や慢性休止期型脱毛を含めて、そう呼んでいるケースがほとんどです。


原因は異なれど、症状としては、加齢とともに現れて髪がやせて全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」なので、まとめてしまっているわけです。 びまん性脱毛症をより詳細に大別すると、主に3つの脱毛症があります。

・女性男性型脱毛症(FAGA)
→女性ホルモンが減り、相対的に男性ホルモンの影響を受けて髪の成長が阻害される。

・慢性休止期型脱毛
→ヘアサイクルが乱れて休止期にあたる髪の割合が通常より多くなってしまう。

・老人性脱毛症
→加齢により頭全体が疎毛になり、髪がやせてしまう。

内訳としては、女性男性型脱毛症(FAGA):5、慢性休止期脱毛症:3、老人性脱毛症:2という感じ。 これらはすべて同じ症状なので、まとめて、びまん性脱毛症といい、男性のものと区別するために女性型脱毛症と呼ばれることもあります

びまん性脱毛症の原因と改善策

髪がやせて、全体が薄くなる「びまん性脱毛症」ですが、実はそれぞれ原因が異なる脱毛症の総称になっているようなところがあるというのはお話したとおり。 当然、原因はさまざまです。

・ストレス
・1か月5㎏を超えるようなダイエット
・甲状腺疾患などの代謝異常
・極度の貧血
・加齢、老化
・薬剤の副作用

円形脱毛症以外は、びまん性脱毛症と言ってしまってもいいと思います。

びまん性脱毛症(=女性型脱毛症)の場合、加齢による老化現象や生活習慣が大きく影響しているため、 生活習慣の改善と薄毛外来での薄毛治療薬を使った治療を行うのが改善策になります。

真面目に怠らず治療に取り組めば回復しやすいのもびまん性脱毛症の特徴です。

 | トップページ |  次のページ 分娩後脱毛症
Page top icon