女性の薄毛外来TOP > 薄毛治療の育毛剤・内服薬 >  ミノキシジル(リアップ・ロゲイン)

ミノキシジル(リアップ・ロゲイン)

薄毛治療においてよく利用される外用薬や内服薬を紹介します。どれを処方されるかは症状にもよります。 女性の薄毛治療に利用される育毛促進成分の「ミノキシジル」について詳しく解説します。

ミノキシジル~リアップやロゲイン配合の育毛成分

ミノキシジルは厚生労働省に認められた育毛剤の成分です。

日本では大正製薬から発売されている「リアップ」がミノキシジル配合の育毛剤として有名で、 女性用には「リアップレディ」というミノキシジル1%配合の育毛剤があります。 薄毛外来で処方されるロゲインは2%配合のものが多いです。

ミノキシジルにどんな育毛効果があるのか?というと血管拡張作用があるのが特徴。頭皮の血流不足は女性の薄毛の原因ですが、 その血流を良くして毛根に栄養素を行き渡らせることで抜け毛を防ぎ、発毛を促進してくれます。

主に前頭部や頭頂部が薄くなる壮年性の脱毛症(=女性男性型脱毛症(FAGA))に有効といわれていて、 ミノキシジル配合のリアップにしろ、ロゲインにしろ、男性用と女性用で分かれているのが普通です。女性は必ず女性用のものを選ぶようにしてください。

なぜ、女性用のミノキシジルを利用する必要があるの?

もともとミノキシジルは男性の薄毛を対象に開発されたものであり、これまで女性や未成年は使用することができないものでした。 いまでこそ女性用のミノキシジル配合育毛剤も出てきていますが、男性用とは明確に区別されています。

男性用のミノキシジル配合の育毛剤には、リアップにしろロゲインにしろ、5%の濃度のものもありますが、 女性用は1%にとどまるなど、男性用と比べて濃度が低めに抑えられています。(市販のリアップレディは1%、薄毛外来で処方されるロゲインは2%が限度です。)

この理由ですが、女性には、そこまで高濃度なミノキシジルが必要ないからです。 臨床試験でも女性の場合、ミノキシジル1~2%で十分効果がでることがわかっているためで、5%にしたところで2%より効果があるという有意性が認められなかったためです。

成分の濃度が高いほど効果が高いと思いがちですが、女性にとってミノキシジルはそういうことにはどうやらならないみたいなんですね。 むしろ高濃度なものほど、ヒゲが濃くなるとか、かゆみや赤みなど副作用の影響が強くなる心配があるようです。

ということで、女性の場合は、女性用のリアップやロゲインを利用したほうが安心だと思います。

ミノキシジルでどれぐらいの効果が見込めるのか?

男性の薄毛に対してはプロペシアとならんで、ミノキシジルはいの一番に処方される育毛剤になります。 それぐらい男性の薄毛に対してはミノキシジルは鉄板といっていいほど効果があります。

それに対して女性の薄毛に対してですが、女性の薄毛は過度のヘアケアによるものであったり、 栄養不足やホルモンバランスの乱れによるものなど、色々な理由から薄毛になっているケースが見受けられます。

ミノキシジルはあくまで壮年正脱毛症(=男性ホルモンの影響による抜け毛)に効果があるので、 それ以外の脱毛症に対してはミノキシジルの育毛効果というのは低くなってしまうものなんです。

女性の薄毛はその多くはびまん性脱毛症といわれています。この場合、ミノキシジルは効きません。 自分の薄毛の原因が分かっていない状態で、ただ抜け毛が目立つからと有名なリアップレディや女性用ロゲインを使ってもダメだということなんですね。

 | トップページ |  次のページ パントガール
Page top icon