女性の薄毛外来TOP > 抜け毛の裏に隠れた病気 >  甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

頭皮の血流不足やホルモンバランスではなく、抜け毛の原因が病気というケースもあります。 そんな抜け毛をともなう病気のひとつ「甲状腺機能低下症」について解説します。

甲状腺機能低下症とは?

突然、抜け毛が増えたという場合は、甲状腺に異常があるかもしれません。

・大量の抜け毛がある
・目や口まわりのむくみ
・顔が腫れぼったくなった
・乾燥や寒さに敏感になる
・疲労感、倦怠感が抜けない

こうした症状に心当たりがある場合は「甲状腺機能低下症」という甲状腺ホルモンが少なくなる病気が考えられます。 この病気は圧倒的に女性が多く、しかも40代に多いということで加齢による薄毛と混同しやすい特徴があります。

甲状腺ホルモンは、髪をつくる毛母細胞も活性化させる働きがあります。 しかし、ホルモンの分泌が減少してしまうと生死に関わる臓器などへの配分を最優先させるため、髪の毛の成長に使われる分が減ってしまい、 結果として、髪の毛の発育不良が起こり、抜け毛が増えますし、発毛が阻害されてしまうんです。

甲状腺機能低下症が原因の薄毛はほぼ完治する

甲状腺ホルモンがなぜ減少してしまうことが起こるのか?ということについては、加齢が1つの原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていません。

女性に発症する人が多いことから関節リウマチと同じように女性特有の複雑な免疫システムが影響しているともいわれますが、それもはっきりした根拠があるわけではありません。

ただ、原因は不明確でも治療法はあって、甲状腺機能低下症が原因の薄毛の場合は、甲状腺ホルモンを補充することで、ほぼ回復します。 同時に薄毛以外の付随症状も治るはずです。

突然、抜け毛が増えたというわかりやすい兆候があれば甲状腺機能低下症も見つけやすいのですが、 甲状腺機能低下症であっても必ずしも抜け毛が増えるというわけではありません。

自覚症状としては、むくみや腫れ、倦怠感、肌の乾燥がありますが、それらの症状は健康な人でも多少なりとも感じているものなので、 それが甲状腺機能低下症が原因のものとはなかなか気づかないんです。その点、抜け毛は甲状腺ホルモンが不足している兆候として非常にわかりやすいといえると思います。

なお、薄毛に悩んでいる女性の10人に1人が甲状腺機能低下症の可能性があるとのことです。 自分が甲状腺機能低下症かどうかは、血液検査で簡単にわかるので、薄毛外来の最初に行う検査でほとんど判明すると思います。

甲状腺機能低下症が原因の薄毛はどれぐらいで治る?

内科、皮膚科。薄毛外来で、TSHという血液検査をうければ甲状腺機能低下症かどうかはすぐわかります。 甲状腺機能低下症の治療がそのまま薄毛治療になると思ってください。

気になる治療方法ですが、不足している甲状腺のホルモン剤を飲んで補充をします。

甲状腺ホルモンは、もともと体にあるものなので副作用の心配なく飲めます。ホルモンのバランスを見ながら1日に1~2錠を飲み、状態をみて加減していきます。 薬を必要としないレベルにまで回復することもありますが、ほとんどのケースで生涯にわたり薬を飲み続けなければならないといいます。

甲状腺機能低下症が気をつけないといけないのは食事から摂取するヨードの量。海草や海藻(昆布、ワカメ、海苔、ひじきなど)の摂りすぎはNGなので、 食生活はシビアになります。また、カフェインを含むコーヒーや、アルコールも控えたほうがいいといわれています。

甲状腺機能低下症の治療の成果がでるまでの期間ですが、数か月~数年単位で考えたほうがいいです。 長期戦になるので腰を据えて治療に取り組む必要があります。保険適用です。

Page top icon