女性の薄毛外来TOP > 薄毛外来について >  女性の薄毛の原因は?

女性の薄毛の原因は?

女性専用の薄毛外来があります。本格的な医療行為ですので、効果もてきめん。育毛剤で効果がない場合に利用しましょう。 女性の薄毛・抜け毛の原因を解説していきます。男性の薄毛とはやはり理由が違います。

女性の薄毛を引き起こす2つの原因とは?

女性の薄毛を引き起こす原因は、主に2つあるといわれています。

1、女性ホルモンの減少
2、頭皮の血流不足

30代をピークにその後は加齢とともに女性ホルモンは減りはじめ、50代ともなると更年期というものがあるように著しく、 女性ホルモンの分泌は減少して体が変化してきます。

この女性ホルモン(=エストロゲン)は女性らしさに深く関係しているものですが、髪の毛に対しても成長を促したり、 頭皮のコラーゲン量を増加させて、髪にハリとコシを与えるなど関与があります。

そんな豊かな髪の土台になっている女性ホルモンが40代以降、著しく減っていくわけですから、髪が細く柔らかくなり、全体のボリュームがダウンするのはもちろんとして、 女性ホルモンが減ることで相対的に抜け毛の原因になる男性ホルモンの影響を受けやすくなるため薄毛が進行してしまうというわけなんです。

頭皮の血流不足も女性の薄毛の原因

もう一つの女性の薄毛の原因である頭皮の血流不足についても触れておきます。

これはいたってシンプルでストレスや喫煙などで頭皮の血行が悪くなると髪の成長に不可欠な栄養が行き渡らなくなります。 髪が生まれ育つ毛母は毛細血管から栄養を取り込んでいるので、血流が悪いと髪が育たなくなってしまうんです。

また同時に頭皮も血行不良になって頭皮が硬く凝ってしまいます。

頭皮が硬くなると、ヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期が長くなるのため、成長途中の短く細い抜け毛が増えるようになり、 なかなか新しいケアが生えてこないといった状況になってしまうわけです。

生活習慣で薄毛はかなり予防できる

女性の薄毛の原因のうち、頭皮の血流不足というのは生活習慣の影響が大きいです。

・ストレス
・緊張
・睡眠不足
・喫煙
・頭皮の乾燥
・栄養バランスの偏った食事

などなど。

他にも「白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になる」なんていうこともいわれますが長年の髪や頭皮へのダメージが抜け毛や薄毛の原因になるということは実際ありえるみたいです。

肌に悪いことはたいてい髪にも悪いので生活習慣は気をつけるようにしたいところ。特に睡眠は5時間未満だと抜け毛が増えるという臨床データもあるぐらいですから、しっかり睡眠をとるというのは非常に大切なことです。

女性ホルモンの減少については、これは女性であれば40代以降、誰にでも起こる現象で、ボリュームや質感の変化は多くの人がやがては迎える髪の悩みになります。

こうした自然現象に抗うことは難しいのですが、毎日のヘアケアや先に紹介したような生活習慣を整えることで薄毛を予防することはできます。

40代になったら髪に自信がある人もヘアケアを!ということですね。

 | トップページ |  次のページ 薄毛外来での治療
Page top icon