女性の薄毛外来TOP > 脱毛症(=抜け毛)の原因 >  分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

女性に多い抜け毛の原因をいくつか紹介します。あなたの抜け毛の原因は何でしょうか? 出産後に悩む人が多い「分娩後脱毛症 」について詳しく解説します。

分娩後脱毛症(産後の抜け毛)について

分娩後脱毛症(産後の抜け毛)は女性ホルモンのバランスの変化によるものです。

妊娠後期は、増加した女性ホルモンによってヘアサイクルの成長期が長く持続するため本来なら抜けるはずの髪の毛がそのまま維持されるという状態になります。そのためあまり気づきませんがこの時期は抜け毛が減少しています。

しかし、産後、女性ホルモンが一気に減少してバランスが崩れると、それまでホルモンの働きで維持されていた髪も一気に休止期に入り、抜けてしまうので短期間で大量の抜け毛が発生します。

通常の抜け毛に加えて、本来なら妊娠期間中に抜け落ちているはずだった髪の毛も一斉に抜け落ちるため普段の倍以上の抜け毛があるように感じてしまうんですね。これが産後に抜け毛が増えるメカニズムです。

分娩後脱毛症は自然回復するものです。

分娩後脱毛症は、女性ホルモンの働きにより"延命"されていた髪が出産後になって一気に抜けるものであり、自然な体の代謝であるので治療の必要はないものです。

通常であれば、産後半年もすれば自然に抜け毛も収まり、1年もすればヘアサイクルも正常に戻るので髪ももとの状態に戻るはずです。他の抜け毛や脱毛症に比べると、それほど心配する必要はありません。

とはいえ、産後半年を過ぎても抜け毛が多く、見るからに地肌が透けて薄くなってきたとか、髪が細くなってきたなどの症状がある場合は、産後の生活リズムの変化によるストレスや睡眠不足からヘアサイクルになんらかの問題が起きていると考えられます。

基本的にはしっかり食べて寝ることを心がけて、産後の体の回復に努めれば髪の状態もよくなってくるはずです。髪の材料となるタンパク質とミネラルを多めに摂取して自然に回復するのを待ちましょう。

分娩後脱毛症が長引く場合の対処方法

分娩後脱毛症(産後抜け毛)がいつまで続くか?というのは個人差があるものなので一概にはいえませんが半年もすればおさまります。 とはいえ、なかなか思ったとおりに抜け毛が落ち着かない人もいると思います。

そんな人に気をつけてほしいのは、

・生活リズムの調整
→赤ちゃん中心の生活になるので難しいところもありますが、日付が変わる前には寝て細胞を修復する成長ホルモンをしっかり分泌させておきたいものです。睡眠不足は髪にとって大敵です。

・育児のストレスを解消する
→精神的ストレスと肉体的ストレスの2つがあります。大変ですが、リラックスしましょう。

・手を抜いた食事をしないこと
→赤ちゃんばかりに意識が向き、自分自身を疎かにしがちです。適当な食事で済ませてしまうと栄養不足の影響は体のなかでは優先度の低い髪の毛にてきめんにあらわれてしまうので要注意です。

薄毛外来などで用いるパントガールなどは分娩後脱毛症にも効果があります。とはいえ分娩後脱毛症の場合は育毛剤や薄毛治療を受けるというのは本当に最後の手段になります。まずは生活習慣を整えることから取り掛かるようにしてください。

前のページ びまん性脱毛症  | トップページ |  次のページ 牽引性脱毛症
Page top icon