女性の薄毛外来TOP > 薄毛治療の育毛剤・内服薬 >  パントスチン

パントスチン

薄毛治療においてよく利用される外用薬や内服薬を紹介します。どれを処方されるかは症状にもよります。 女性男性型脱毛症(FAGA)に利用される「パントスチン」について詳しく解説します。

パントスチン~FAGAを改善する外用薬

パントスチンは、女性の男性ホルモン性脱毛症(FAGA)を改善する外用薬です。

女性は加齢により、女性ホルモンが減少してきますが、それが原因で女性にも微量存在する男性ホルモンの影響を相対的に受けやすくなります。 薄毛もその症状のひとつでその場合の脱毛症を女性男性型脱毛症(FAGA)といいます。

男性ホルモンの抜け毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が優位になると、前頭部あるいは頭頂部の抜け毛が進行しますが、 これを抑え込むのがパントスチンの働き。

有効成分のアルファトラジオールがテストステロンから薄毛を促進させるジヒドロテストステロン(DHT)へ変換するのを阻害して、抜け毛を抑制してくれます。

パントスチンは抜け毛を減らす守りの育毛成分

パントスチンの役割というのは抜け毛を防ぐというものです。

男性AGA治療では、育毛促進剤のミノキシジルと抜け毛防止のプロペシアの2つで攻めと守りの薄毛対策をするのが普通ですが、 女性の薄毛の場合、※プロペシアが使えないためミノキシジルで育毛促進はできても抜け毛は防げなかったわけです。

(※妊娠したときに胎児に影響があるため)

さらに、女性にとってはミノキシジルは男性ほど劇的な効果があるものではないんですね。

そんな状況を打破したのがパントスチンであり、女性用のDHTの働きを抑えて脱毛を防ぐ薄毛治療薬ということで、 薄毛外来でも次々と導入するところが増えている画期的な商品なんです。

現在、女性の薄毛治療としては、このパントスチンで抜け毛を防ぎ、ミノキシジル配合のロゲインやパントガールで発毛・育毛を促すというダブルアプローチがスタンダートになりつつあります。 (※症状によってはパントスチンだけで改善する薄毛もあります。)

パントスチンの育毛効果についての詳細

パントスチンは、早い人で使用後1か月、目安は3ヶ月の使用で効果を実感できます。 ただ、あくまで軽度のFAGAに効果があるということで中度・重度となると効果が落ちるといわれています。

育毛を促進するタイプの薄毛治療薬(パントガールとの相性が一番いいようです。)との併用でさらに効果が高まりますし、 その他の外用薬・注入・飲み薬などの治療とも併用できます。

気になる副作用についてはアルコールが含まれているためその影響で頭皮の炎症、発疹、かゆみが現れるケースが確認されていますが、 重篤な症状になることは稀です。

基本は1日に1回、頭皮または脱毛範囲に直接塗布します。脱毛が改善されるにつれて、2日に1回、3日に1回と回数を減らすことができます。 使用を中止すると再び薄毛が進行するということで回数は減らしても継続し続けたほうがよさそうです。

気になる費用ですが、病院で処方してもらう場合は、1本/100ml:10,500~15,800円程度。 個人輸入品を購入する場合は、1本/100ml:4,500~6,000円程度になります。

前のページ パントガール  | トップページ |  次のページ フロジン液
Page top icon