女性の薄毛外来TOP > 抜け毛の裏に隠れた病気 >  抗がん剤など薬の副作用

抗がん剤など薬の副作用

頭皮の血流不足やホルモンバランスではなく、抜け毛の原因が病気というケースもあります。 抗がん剤など薬の副作用でも抜け毛があります。抗がん剤など薬の影響で髪が抜ける理由を解説します。

薬の副作用による抜け毛について

薬の副作用で脱毛(=抜け毛)があるというのはご存じだと思います。

抗ガン剤やC型肝炎の治療に用いられるインターフェロンなどが脱毛を促す副作用があると一般的に知られていますが、 ほかにも精神科で処方される向精神薬やそれに類するもの、アトピー性皮膚炎の治療薬であるステロイド剤でもその副作用から脱毛します。

なぜ薬によって脱毛が起こるかについては2つの理由があります。それを解説していきます。

抗ガン剤により脱毛(=抜け毛)が起こる理由

抗ガン剤は、悪さをしているガン細胞だけでなく、通常の健康な細胞にも大きなダメージを与えます。

ただ、これだけの説明では抗ガン剤がすべての細胞を総攻撃しているように思ってしまいますが、 それは間違いで、細胞分裂の速いものを集中的に攻撃するように開発されているというのが実際のところ。

ガン細胞は他の細胞に比べて増殖するスピードが速いことからもわかるように細胞分裂が速いです。 そのため抗ガン剤が効くわけですが、体の中にはガン細胞よりも分裂の速い、

血液細胞、口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の毛母細胞といった細胞があり、これらの細胞は抗ガン剤の影響をモロに受けてしまいます。

髪の毛母細胞などは抗ガン剤の影響を最も受けやすい細胞の1つですから、抗ガン剤を服用して2~3週間で髪は抜け落ちてしまいます。 もちろん髪の毛だけでなく、全身の毛穴で同じことが起きるので毛が抜けてしまうのはいうまでもありません。

毒素が毛母細胞に蓄積されることによる脱毛症

薬の副作用による脱毛症は、正常に活動していた細胞の働きを薬理的に妨害しているだけなので、薬の投与や服用を止めれば、次第に回復していくものです。

ただ、薬を長期間で服用、もしくは塗布していたことで、毛根の活性が失われてから、かなり時間が経過しているという場合、 毛根がその機能を失ってしまっていることもあり、そうなると髪の毛の再生は難しくなります。

また、髪の毛は体内に吸収された有害物質を体外へ排出する役割を持っています。

しかし、体内へ吸収される毒素の量が体外へ排出される毒素の量を上回ると、毛根にある毛母細胞に毒素が蓄積されていき、 その影響で抜け毛が増えて、発毛も阻害されるようになってしまいます。

薬、大気汚染など空気中に漂う有害金属、食品に含まれる残留農薬(サプリメント含む)も、過剰に摂取し続けることは髪によってはよくありません。十分に注意してください。

Page top icon