女性の薄毛外来TOP > 薄毛治療の育毛剤・内服薬 >  フロジン液

フロジン液

薄毛治療においてよく利用される外用薬や内服薬を紹介します。どれを処方されるかは症状にもよります。 女性の円形脱毛症の治療には「フロジン液」が処方されるケースが多いです。

フロジン液~円形脱毛症に処方される外用薬

フロジン(塩化カルプロニウム)には、内服薬としては胃液の分泌を高める目的に、外用薬としては主に縁系脱毛症や悪性脱毛症などの治療薬として処方される治療薬になります。

フロジン液は、医療用脱毛症治療薬として用いられるものであり、フロジン(塩化カルプロニウム)が5%配合されています。少し気持ちの悪い緑色をしているのが特徴です。

フロジン(塩化カルプロニウム)に発毛・育毛作用があるのは、血管拡張作用があるためで、脱毛箇所に塗布することで、 頭皮の血流を改善することができ、その結果、毛乳頭に栄養が行き届くようになって、毛母細胞を活性化させることができるため、効果があると考えられています。

いくら頭皮への血流が改善されても髪の毛に成長に必要な栄養分が不足していると元も子もありませんので よりフロジン液の効果を高めるには十分な睡眠とバランスのとれた食生活も不可欠な要素となります。

フロジンはカロヤンシリーズにも含有されていますが・・・・

フロジン液は、円形脱毛症、なかでも単発型円形脱毛症に有効です。

フロジン(塩化カルプロニウム)という成分については、ドラッグストアなどにおいてある育毛剤のカロヤンシリーズにも含有されていますが、 濃度としては1%ほど。しかも価格が高いです。

病院で処方されるものは濃度が5%と高く、効果が高いうえ、円形脱毛症の治療目的の場合、保険が適用されるため値段も安いです。 フロジン液を使うのなら皮膚科でもらえるもののほうがいいでしょうね。

使用上の注意点としては、フロジン(塩化カルプロニウム)には副作用があるということ。 確認されているものとしては、発汗やほてり、頭皮の発疹や腫れ、かゆみ、かぶれ、炎症、吐き気などがあります。

そのため頭皮が乾燥している方や敏感肌の方にとってはやや刺激が強めです。

フロジン液の育毛効果についての詳細

フロジン液は、円形脱毛症になってからどの段階で塗りはじめるかにもよりますが、 早くて1週間、平均すると1か月以内には脱毛した患部から毛が生えてくるといわれています。

プロペシアやミノキシジルといった有名どころとと比べると、 日本皮膚科学会が発表したガイドラインでもワンランク下の発毛促進剤に位置づけされているので、あくまで発毛促進剤という認識でいたほうがいいと思います。

また、円形脱毛症以外の脱毛症に処方されたという話もほとんど聞きませんしね。 とは血行を促進する作用は明らかなので、他の育毛剤と促進すると相乗効果が期待できるといわれています。

薄毛外来では、あくまでミノキシジルが使えない場合に限り、フロジン液で代用するという感じだと思います。 価格としては1,500~2,000円程度が目安になりそうです。

前のページ パントスチン  | トップページ |  次のページ 育毛メソセラピー
Page top icon