女性の薄毛外来TOP > 脱毛症(=抜け毛)の原因 >  脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症

女性に多い抜け毛の原因をいくつか紹介します。あなたの抜け毛の原因は何でしょうか? 頭皮の毛穴に棲む常在菌が大繁殖して毛根に炎症を起こす「脂漏性脱毛症」について詳しく解説します。

脂漏性脱毛症について

皮脂の過剰分泌により、毛穴を塞がれてしまうことで毛穴周辺部で皮膚の常在菌が大繁殖して、毛根部近くで炎症を起こしてしまうことで脱毛してしまうのが脂漏性脱毛症です。

皮脂が毛穴を塞ぐことで抜け毛の原因になるというのは、育毛サロンの常套文句であり、その根拠として「脂漏性脱毛症」を例に出してセールストークが繰り広げられることが多いのですが、実際のところ脂漏性脱毛症になること自体、極めて稀です。

さらに、脂漏性脱毛症の症状として、素人目にも明らかに皮脂が毛穴を塞いでいるのがわかりますし、毛穴が赤く炎症を起こしているので、ただの皮脂詰まりはないということが一目瞭然でわかります。

覚えておいてほしいのは皮脂が詰まって髪が抜けるのではなく、毛根や頭皮の炎症が原因となって抜け毛が発生してしまうということです。

脂漏性脱毛症になってしまった時の対処方法

脂漏性脱毛症の原因となる過剰な皮脂分泌がなぜ起こるのか?ということについてはホルモンバランスの乱れという説が一般的ですが、正直まだよく分かっていない状況です。

そもそもなぜホルモンバランスが乱れるかということについては、経験則的に栄養のバランスが崩れている、過剰なストレスを抱えている点が患者さんに共通しているため、栄養の乱れやストレスが自律神経を乱し、ホルモンに影響しているのでは?と考えられているようです。

また、過剰なヘアケア(肌に合わないシャンプー等)も影響するといわれています。

対策としては頭皮の炎症を抑えつつ、皮脂を取り除く必要があるので、地肌にやさしいシャンプー等を使って皮脂を取り除き、食生活も皮脂の材料となる脂質の多い食事を避けて、皮脂分泌を抑制するビタミンB1、B2を積極的に摂取します。

皮膚科に行ってもこれといった特効薬も治療法もないため、ビタミン剤と炎症の状態によって抗生物質を処方してもらえるぐらいで、「とりあえず様子を見ましょう」といわれるのがオチ。症例数が少ないこともあって適切に対処できる医師は少ないといわれています。

脂漏性脱毛症と脂漏性皮膚炎

脂漏性脱毛症になると脂漏性皮膚炎を併発しやすいので注意してください。

脂漏性皮膚炎とは、皮膚の常在菌であるマラセチア真菌が皮脂を分解する際にできる脂肪酸が皮膚を刺激して炎症を起こした皮膚炎の一種です。

取り除いても何をしても常に皮脂でベタベタしている状態だったり、毛穴が化膿して痛みや激しい痒みを伴うようになるまで、症状が進行していると脂漏性皮膚炎も併発している可能性が高いです。

脂漏性皮膚炎の治療ですが、一般的にマラセチア真菌の活性をおさえるための外用の抗真菌薬をはじめ、かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が処方されることが多いようです。

痛みやかゆみから頭皮をかきむしると症状も悪化するうえ、脱毛も悪化するので非常にやっかいな皮膚炎といえます。

前のページ 円形脱毛症  | トップページ |  次のページ ひこう性脱毛症
Page top icon