女性の薄毛外来TOP > 薄毛治療の育毛剤・内服薬 >  ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)

薄毛治療においてよく利用される外用薬や内服薬を紹介します。どれを処方されるかは症状にもよります。 女性ホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)によって薄毛が改善されるのかどうか?調べてみました。

ホルモン補充療法(HRT)って薄毛に効果あるの?

ホルモン補充療法(HRT)をご存じでしょうか?

更年期障害の治療方法のひとつで、加齢により減少した女性ホルモンを補ってくれる非常に有効な治療方法なのですが、 女性の薄毛の原因のひとつであるエストロゲンの減少を補うことができるので薄毛にも効果があるのでは?といわれています。

実際に更年期障害の治療でホルモン補充療法(HRT)をはじめた結果、薄毛が改善したとか、髪にハリがでて、元気になった、丈夫になったという声は非常に多く聞かれます。

男性の薄毛においても体内で女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取することで、 男性ホルモンの働きを抑制し、薄毛を防いでくれるということはよくいわれています。

理論的にはホルモン補充療法(HRT)を行うことで、女性ホルモンを補充できますし、 女性ホルモンの減少による髪質の低下や抜け毛を防げたという声もあるわけですが、薄毛外来においてはホルモン補充療法というのは、あまり話題になりません。これはなぜなんでしょうか?

薄毛外来でホルモン補充療法を取り扱わない理由

薄毛外来での治療でホルモン補充療法を取り扱わない理由は単純明快な話で、臨床試験による確かなエビデンス(証拠)がないからです。

女性ホルモンのバランスが乱れたり、減少することで抜け毛や薄毛が起こるというのは確かで、そんな女性ホルモンを補うのだから抜け毛や薄毛に効果があるだろうと考えられるのは確かですが、「ホルモン補充療法で薄毛が改善できる」と言い切れるまでのデータが揃ってないのが実際のところです。

体験者の声として「髪のハリやコシが戻った」というものがいくらあっても、薄毛の改善を示す科学的なデータや有意性が確認されていないのであれば、薄毛治療としては使えないということなんですね。

ただ、薄毛改善を示すデータはないとはいえ、女性の髪にとって女性ホルモンが重要であるというのは間違いない事実ですので、ホルモン補充療法が髪にとってはプラスの影響を及ぼすものであるのは確かです。

更年期障害の治療目的であればホルモン補充療法は保険適用されますが、薄毛の治療のためとなるとこれは保険適用外です。そういう理由もあって、わざわざエビデンスのないホルモン補充療法を薄毛治療に用いる必要はないというのが多くの薄毛外来の見解ではないでしょうか?

ホルモン補充療法について補足

ホルモン補充療法(HRT)について補足しておきます。

ホルモン補充療法(HRT)が保険適用となる場合は、更年期障害によって起こる心身の不調や不定愁訴が明らかな場合や骨粗しょう症や萎縮性膣炎などの症状がある場合です。

残念ながら予防的措置として用いる場合は保険は適用されません。これは薄毛予防を目的にする場合も一緒です。あくまでトラブルが発生してからということになります。

保険適用となるホルモン補充療法(HRT)の初診料や治療にあたっての検査費用は、数千円~1万円程度で、薬自体の料金は、1ヶ月で約1,000円程度と非常にリーズナブルです。

何かと乳がんになるリスクがあがるなどいろいろな噂がありますが、最新のガイドラインによるとそういったリスクはほとんど考えなくてもよいレベルだといわれています。

5年以上使うとガンになるなどいまだに古い情報を載せているサイトも多いですし、医師自身もホルモン補充療法については勉強不足の人が多いそうなので、確実な情報を得ようと思ったら婦人科に行って聞くのが一番です。

前のページ 育毛メソセラピー  | トップページ | 
Page top icon